干潟に入って生物を探す参加者
シオマネキの生息を確認(古賀教授撮影、右の穴には別の雄の個体がいるとみられる)

 塩屋文化協会(溝口善久会長)の干潟の生き物観察会が6日に御坊市塩屋町北塩屋、日高川河口の干潟で開かれ、親子連れら44人が参加。干潟特有の珍しい生物などを採取し、観察した。

 日高川河口の干潟は国の重要湿地に選定された県内5カ所の干潟の一つで、絶滅危惧種Ⅱ類シオマネキの県内最大の生息地となっている。当日は和歌山大学の古賀庸憲教授の指導で観察。溝口会長のあいさつに続いて古賀教授が日高川干潟について説明し、それぞれ干潟に入って思い思いの場所で生物を採取、観察していった。

 アシハラガニやトビハゼが多く見つかり、トビハゼは「ムツゴロウみたい」と多くの人が興味津々。父親が泥まみれになって捕まえる姿もみられた。

 古賀教授はシオマネキを確認。同じ絶滅危惧種Ⅱ類のハクセンシオマネキは日高川干潟には比較的多いがシオマネキは少なく、古賀教授は「アシ原の拡大とともに減少しているのではないか」と話した。

 主催者は「子どもたちの干潟生物への関心は強く、保護者が必死に子どもについていく姿が印象的でした。有意義な会となったので、今後も継続していきたいと思っています」と話している。