みなべ町は、 先月11・12日に晩稲の南部梅林で開かれた 「梅酒コレクション」 のアンケート調査結果をまとめた。 「どの梅酒が良かったと思いますか」 の問いでは、 同町晩稲の月向農園と海南市の中野BC㈱のコラボ商品 「月向」 が全315銘柄の中で1位に輝いた。 このほか上位10位中に町内業者の商品が5点入った。 「どんな梅酒が好みですか」 という設問では 「香りが良い」 が最も多かった。
 ことしの梅酒コレクションには、 全国222社から315銘柄が出品された。 観梅客らがそれぞれの味を楽しむことができるイベントで、 今回で3回目。 アンケートは会場で梅酒を試飲した387人 (男143、 女213人、 未記入31人) の観梅客を対象に実施した。 好みの味投票では 「月向」 が28票を獲得して1位。 選んだ理由としては 「梅の味がしっかりしている」 「ストレートに梅の味が伝わってくる」 「甘さ、 酸っぱさ、 濃さ、 口当たり、どれもほどよくバランスが良い」 などだった。 月向農園の月向雅彦代表 (50) は 「大変うれしい。 梅酒特区を利用して、 コラボでない独自の梅酒 『梅月』 も昨年11月から販売している。 今回は出品しなかったが、 それも消費者に親しまれるようにPRしていきたい」 と話している。
 町内業者の梅酒ではこのほか3位に㈱マルリョウナガオカの 「梅干屋のおすそわけ梅酒」、 4位に井口食品工業㈱の 「原酒 紀州絵巻」、 5位に横山食品㈱の 「紀州産完熟南高梅にごり梅酒 『はる姫』」、 8位に㈱紀州本庄うめよしの 「善」、 9位にも同社の 「壱」 が入った。
  「どんな梅酒が好みですか」 の質問では、 トップが 「香りが良い」 198人、 次いで 「口当たりがよい」 167人、 「後味がよい」 146人、 「深みがある」 134人と続いた。