サイトアイコン 日高新報

私たちが作りました

南部駅で門松を仕上げる生徒たち

 南部高校食と農園科の生徒でつくる農業クラブ生が27日、自分たちで育てた葉ボタンなどを使って門松を手作りし、JR南部駅などに設置した。

 農業クラブ役員ら10人が朝から学校に集まり、葉ボタンのほか学校の近くで切り出した竹、職員が持ち寄ったナンテンなどを使って高さ約130㌢の門松を8個作った。土台には梅干しを漬ける梅樽を活用。学校正門と農場入り口、南部駅、駅の隣にある青少年センター入り口の4カ所に2個ずつ置き、現地で最後の飾りつけをして仕上げた。

 日ごろの取り組みを多くの人に知ってもらおうと3年目。農業クラブ副会長の平野海斗君(3年)は、「多くの生徒が利用している駅をきれいに飾るのは気持ちがいい。南高生が作っていることを多くの人に知ってもらいたい」と話していた。

モバイルバージョンを終了