サイトアイコン 日高新報

火柱に先祖への祈り

写真=灯籠を燃やして先祖を鎮魂

 由良町門前の臨済宗鷲峰山興国寺で15日夜、鎌倉時代の開山以来約750年間続く精霊送りの伝統行事、灯籠(とうろう)焼きが行われた。

 「火祭り」とも呼ばれる盂蘭(うら)盆の行事で、1960年に県の無形民俗文化財に指定。先祖を鎮魂するほか、豊作祈願や成人儀礼の意味合いもあるという。

 例年は重さ約150㌔もあるたいまつを担ぐ「土俑担ぎ」や腰巻を付けた小中学生の独特な踊り「たいまつ踊り」が行われるが、今年は昨年に続いて新型コロナのために取りやめとなった。

 午後8時ごろからは、家紋入りの灯籠を持った檀家らが境内に集まった。法堂(本堂)では僧侶や虚無僧らが法要を執り行ったあと、灯籠を持って法堂を1周し、列をつくって約300㍍離れた無常堂に移動。読経が行われる中、広場中央で幻想的に燃え盛る火の中に次々と灯籠が投げ込まれ、祈りを捧げた。

 門前の山﨑茂樹さん(67)は「例年行われている土俑担ぎやたいまつ踊りがなかったのはちょっと寂しいけど、無事に祖先の霊を送ることができてよかったです」と話していた。

モバイルバージョンを終了