サイトアイコン 日高新報

一日も早く先輩のように 黎明会で入社式

写真=新入職員を代表して誓いの言葉を述べる井戸さん

 御坊市の社会医療法人黎明会(北出貴嗣理事長)で1日、入社式が行われた。

 新入職員31人が出席。北出理事長は祝辞で「私が思い描く黎明会の理想は地域の皆さまに高い医療を提供し続けること」と強調。胸に留めておいてもらいたいこととして、「和歌山の田舎でも全国レベルの医療が提供できるよう日々自己研さんを怠らず、変化する医療を取り巻く環境に対応力を付けること。そして接遇。相手の立場に立った接遇を自ら実践できる職員が法人全体に広がれば、地域の皆さまの安全と安心につながり、それこそが『予防、医療、介護のユートピア』の実現に欠かせない。初心を忘れず頑張って」とエールを送った。

 新入職員を代表して看護師の井戸弥月さん(21)=日高川町=が「一日でも早く先輩方のように、地域の皆さまに信頼していただけるよう、日々努力し、知識、技術の向上に努めてまいります」と力強く誓いの言葉を述べた。 

モバイルバージョンを終了