サイトアイコン 日高新報

ふるさとの子どもたちのために

写真=左から小和野さんの妻眞須美さん、小和野さん、山名町長

 由良町は18日、町に高額の寄付をした衣奈出身で大阪市の鉄鋼加工、株式会社小和野商店代表取締役社長の小和野政和さん(86)=旧姓・森下=に感謝状を贈った。

 小和野さんは衣奈小学校、衣奈中学校を卒業後、同社に入社。その後、創業者の娘だった眞須美さん(82)と結婚し、2代目の社長となった。

 以前からふるさとへの思いは強く、子どもたちの教育のために役立ててほしいと、1000万円を寄付した。

 感謝状の贈呈式は役場で行われ、妻の眞須美さん、親類の前副町長宮下幸一朗さんらも同席。小和野さんは山名実町長に目録を渡し、受け取った山名町長は「児童や生徒の教育環境の充実に使わせていただきます。多額のご寄付をいただき、大変ありがとうございます」と感謝の言葉を述べた。

モバイルバージョンを終了