サイトアイコン 日高新報

日高町のサンフルひだか 9日から15周年セール

 日高町小中、日高中学校の東側にある社会福祉法人太陽福祉会の就労支援事業所「パン工房 サンフルひだか」は9日から11日まで、開店15周年記念セールを行う。日ごろの感謝を込めて、全商品を15%割引で販売。今年は新たに商品化した原種の麦を使用した「スペルト食パン」も店頭に並ぶ。

 サンフルひだかは障害のある人たちが働く就労継続支援B型のベーカリーとして、2005年7月にオープン。6年後には敷地内に焼き菓子とケーキの店「プランソレイユ」も開設し、現在は27人の利用者がパンや菓子を作り、工房と御坊市内のスーパーなどで販売している。

 15周年記念セールでは人気の山食(山型食パン)、角食(四角い食パン)をはじめ、あんパンやクリームパン、クロワッサンなどの菓子パン、ハムやウインナードッグなどの調理パンがある。今年はセールの目玉として開発したスペルト食パン(600円)は、小麦の祖先種にあたる古代穀物「スペルト小麦」を使用した食パンで、素朴な味に仕上げた。

 セール期間中は買い上げ合計金額より15%割引されるほか、1000円以上買い上げた場合は14日から使える100円割引券をプレゼント。さらにスペルト食パン、生食パン「プティ・ボヌール」(500円)を前日までに予約すれば店頭に並んでいる好きな菓子パン1つがもらえる。販売時間は午前9時半から午後5時まで。

 管理者の福田智宏さん(51)は「地域の皆さんに支えられ、15周年を迎えることができました。利用者が心を込めてつくった商品をぜひ、味わってください。これからも安心・安全で、おいしいパンを作っていきます」と話している。予約、問い合わせはサンフルひだか℡0738―63―1888。

写真=新商品のスペルト食パンなど全品15%引きで販売

モバイルバージョンを終了