サイトアイコン 日高新報

御坊の小学生が紀州鉄道を勉強

 御坊市の御坊小学校(弓倉正啓校長)6年生が11日、御坊寺内町会館を訪れ、展示されている紀州鉄道などについて勉強した。
 国語の授業で取り組んでいる「町のよさを伝えるパンフレットを作る」学習の一環。2クラスが午前と午後に分かれて訪ねた。午前中は1クラス28人が来館し、片山隆館長から説明を聞いたほか、紀州鉄道紀伊御坊駅の大串昌広駅長が50歳で運転士デビューしたことを紹介するテレビ番組のビデオを観賞した。このあと館内を見て回り、レールのくぎ、切符の日付印字機、運転ハンドルなど貴重な展示物に興味津々で、熱心にメモを取っていた。野尻琢朗君は「紀州鉄道のことをしっかり伝えるパンフレットにしたい」と話していた。

モバイルバージョンを終了