モンスターカレンダー

« 2017年2月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28

完結作品の最近のブログ記事

ナルト.JPG

 今回は懸案中の懸案、

 

 「NARUTO」1~72巻(岸本斉史著、集英社)。

 

 結構前から工務部のZ君にお借りして、ちょっとずつちょっとずつ、ず~っと読み進んできていたのですが。

 ジャンプ本誌でめでたく大団円を迎えられたことが全国紙の社会面でも話題となったのを読みつつ、最終巻がコミックスになって貸し出してくれるのを待ち、このほどようやく読み終えました。

 

 いや~...

 最初は、こんなに時空を超えた壮大な話になるとは思ってませんでした。

 それにしても、最終72巻に至るまでの道のりはともかく...難しい!!

 技もバトルの様相も世界構造も人間関係も、とにかく複雑で頭がほどけそう!!

 これがスイスイ分かるなんて、みんなすごいな!!

 

 一言でいうと、壮大なテーマを持った物語だと思います。

 

 相反する2つの強烈な個性が、相争い、それぞれの抱える業とそれぞれに向き合い、それぞれに成長し、また相争い、共通する大きな敵に共に立ち向かい、更に相争い...

 融和する。

 そしてまた離れ、それぞれに世界を広げていく。

 

 このナルトとサスケの、互いへの思いと対立と闘いと融和が、物語の一番太い軸。

 

 さらに、ナルトにはナルトの、サスケにはサスケの、重要なバックグラウンドが。

 血縁にかかわる深くて暗い業があります。

 (その性格や行動への表れ方が、2人は正反対だった)

 そして彼らの仲間にも、師にも、敵にも。

 それぞれに業があり、それが絡まりあって、世界は不穏に揺れ動いていく。

 

 最終話まで読んでくると、これは世代の成長の物語でもあったんですね。

 少年少女だった彼らが今世界を支え、動かし、守っている。

 「男」として。

 「女」として。

 (車椅子のガイとカカシを見て、わ~めっちゃ年数経ってる、となんか焦ってしまった)

 すごくたくさんの事柄を裡に含んだ物語で、それは大河ロマンの条件でもあります。

 

 ...それにしても、次から次から新しいキャラクター達が、私にとっては無限かと思われるくらいの勢いでどんどんどんどん...ただでさえ記憶力がニワトリ並みになってるのに...ゼツが出てきたあたりでもう何がなんだか、頭がほどけそうになってました。飛ばし読みしていい作品じゃないですね。

 やっぱ15年かかって描かれたものは、15年かけて読んだ方がいいのかも?

 そうは言いながらも、(ウィキペディアの助けを借りながら)頑張って理解しましたよ。

 私の好きなキャラは、シカマル、我愛羅、キラービー&八尾。クラマも。

 (六道仙人を囲んでる回想のクラマ、可愛いのなんの)

 別格で自来也も。

 カカシも。ナルト達の師というより、兄貴分という感じなのがいいですね。

  

 大蛇丸とカブトとか、「芸術は...爆発だ」のデイダラとか、敵キャラがまたいろいろと強烈な印象を残してくれてる。

 途中まで敵かと思われたイタチの「また今度な」は泣かせますね。

 本当はサスケとイタチに、もう少し融和の時間をあげたかったですね。

 

 細かい感想を書いていくときりがないですが、ヒロインが主人公とくっつかないという珍しいパターンの作品でもあったNARUTO。

 河合克敏さんの「帯をギュッとね!」「モンキーターン」もそうですが。

 私、最終巻でヒナタのこと忘れてて、ん? ボルトの母は誰なんだ?と戸惑ってしまい、Z君に教えてもらいました。

 きいてみて、そうか、ヒナタか!と納得いきましたが。

 でも物語のヒロインはやっぱりサクラですね。

 サスケの最後の独白までの間の、サクラとどうなってサラダが生まれるに至るのかを読んでみたいような気がします。

(ナルトとヒナタの物語は映画になるそうですが)

 

 今とりあえず書けるのはこれだけですが、もっと頭が整理できたらテーマを細かく設定し直して書いてみたいかも。

MT42BlogBetaInner

プロフィール

サト 日高新報記者。文化関係等の取材、編集整理、連載随筆や投稿原稿の編集を担当。空いた時間が少しでもあれば、本か漫画を読まずにはいられない。料理や洗濯をしながらも、可能な限り本を手離せない真性活字中毒。常に面白い本の情報を求めています。音楽や映画、歌舞伎など舞台芸術も大好きです。ひのえうま生まれの女。

最近のコメント

PR

アイテム

  • ハイキュー21巻.jpg
  • 宇宙兄弟28巻.jpg
  • 進撃19巻.jpg
  • ワンピ81巻.jpg
  • ジャイキリ39巻.jpg
  • ハイキュー19巻.jpg
  • ペダル44巻.jpg
  • ハイキュー20巻.jpg
  • 文春.jpg
  • ダイヤⅡ2.jpg
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.25